子どもタレントはいま大人気!

首をあげる新生児
こんにちは、3歳になる子どもを持つ母親です。(*´∀`)
いま、我が家では子どものタレント活動を家族一丸になって応援しています。
将来は鈴木福くんのような、大人気子役になるのが夢ですね。
なので、我が家でもあの鈴木福くんを輩出した同じ子どもタレントオーディションを受けてみたんです。


おすすめの子どもタレントオーディションはこちら




その名もテアトルアカデミー(劇団コスモス)と言います。
全国に東京・千葉・埼玉・横浜・札幌・名古屋・大阪・福岡と各校あります。
まずは、これらの地域で、テアトルアカデミーという子ども総合芸能学院にてオーディションを受けます。
晴れて合格となれば、劇団コスモスに入ることができて、そこでレッスンを受講する形になります。
ここまでは、3歳から中学生までの子どもタレントオーディションは無料となります。



子どもタレントオーディション受講資格

プールに入る3歳時

  • 赤ちゃんコース 0歳・1歳・2歳
  • 子どもコース 3歳〜中学生


オーディション応募方法

  • 募集方法に関してはパソコンからの応募
  • 携帯・スマホからの応募
  • 郵送での応募

になります。


いずれも本人の写真が必要になります。
兄弟での複数受講も可能ですが、一人ずつ別にわけて応募してください。
写真は顔がはっきりわかる上半身からの写真で、一人で写ってください。


いずれもテアトルアカデミー公式サイトから、詳細が確認できます。
郵送の場合は、用紙をダウンロードできます。


【テアトルアカデミー】子どもタレントオーディション詳細を見にいく(無料)



子どもタレントオーディションの流れ

パパと女の子

  • 1次選考・・・書類審査

  • 応募が済めば返信メールが届きます。
    そして、書類審査が行われます。
    この1次選考の書類審査が済んだら郵送にて、合格通知とオーディション2次選考に関しての書類が届きます。



  • 2次選考
  • 子どもタレントオーディションの2次選考では、
    実際にオーディション会場に出向くことになります。
    そこで、カメラテスト・グループ面接・実技テストを受けます。


実技テストの内容ですが、

  • リズムテスト
  • せりふテスト
  • 歌唱テスト

があります。


歌う曲はなんでも構いません。
また、上手い下手を見るのではなくて、将来練習すればのびるかどうかを見ています。


このテストは歌手志望・俳優志望に関係なく子どもには同じことをします。


子どもタレントオーディションに合格するコツ

家族の食事
子どもは、なれない環境にただでさえ緊張するものです。
そんな中、親のあなたがガチガチに緊張していたら、余計に子どもも緊張してしまい、オーディションどころではなくなってしまうかもしれませんね。
ここでは子どもタレントオーディションに合格するポイントを紹介しています。


朝ごはんをしっかり食べてのぞもう!

やはり、お腹が空いていては子どもが精一杯の元気をだせませんからね。
子どもタレントは元気さが命ですからしっかりと朝ごはんは食べてから行きましょう。


遅刻は厳禁

これは当たり前のことですが、厳しい芸能界など遅刻をしただけで、いっぺんに干されてしまいます
それほど、芸能界にとって遅刻はご法度なので、業界の人間も厳しいです。
オーディションに限らず、いつも遅刻しないように注意してください。


オーディションは会場に入ったときから始まっています。

頭を抱える男の子
面接室に入ってからオーディションははじめるものではありません。
控え室や会場に入った瞬間からすでに始まっています。
子役タレントというのはたくさんの関係者にお世話になる仕事です。
普段から、マナーのある行動をとらせる注意が欲しいですね。


構えすぎない!

これは多くの親御さんたちが間違えそうなことなのですが、
オーディションで、良く見せようとすると失敗します。
普段のありのままを出せばいいのです。
ポイントは子どもがとにかく楽しめればいいとおもいますね。


子役タレントに必要なのは、個性です。
ですので、普段の元気いっぱいのお子さんを表現できたら上手くいくと思います。
また、親御さんの気持ちとしては、ついあれこれ指示したくなりますが、子どもは一度にいろんなことができないので、のびのびとオーディションを受けさせるのが一番ですね。
失敗しても構わないという心構えでのぞみましょう。
家で何回かシュミレーションして練習してみるのもいいですね。
アドリブなど、子どもが予想しない質問なんかも入れてみるといいかもです。


オーディションを受ける服装

ついやりがちな失敗なのが、普段は着ないような服装を無理やり親が着せてしまうことですね。
大事なのは普段の子どもさんの姿です。
ありのままの個性をだせるなら、どんな服装でも構わないと思っています。
ただ、子どもが気に入っている服装のほうが、当日、全力をだしやすいと思います。


応募する写真にも最新の注意を!

母親と小学生
面接の前の書類審査での写真はいわば、その子どもの顔になります。
この写真の撮り方でも、合格を左右するので、上手な写真の撮り方を伝授します。


被写体を目立たせるには?

背景によけいなものが写ると、せっかくのお子さんが目立たなくなります。
なので、背景はシンプルな場所を選びましょう。
また、バストアップ(胸から上)ぐらい近寄って撮ったほうがより被写体が際立ちます。



なるべく明るいところで!

色の明るさというのは、その子どもの雰囲気まで、映し出してしまいます。
なるべく明るい昼間を選んで自然な光がたくさんはいってくるところを選びましょう。
室内でどうしても暗い場合は、フラッシュをたきましょう。



親も楽しんで撮りましょう。

子どもというのは、親の気持ちをしっかり読んでしまうものです。
子どもタレントオーディションの写真は、笑顔のほうが断然いいので、一緒に楽しみながら笑顔100点の写真を応募しましょう。


晴れて合格したら

母親と幼児
子どもタレントオーディションに合格した親子さん。
おめでとうございます。ヽ(^o^)丿
これからは劇団コスモスに入団して、
たくさんの子どもタレントを目指す仲間たちと一緒にレッスンを受けるようになります。


レッスン内容

レッスンは、テアトルアカデミー総合芸能学院で受けることになります。
週1回で、小学校や中学校の勉強に差支えがないようにカリキュラムが組まれます。
そこで、多くの志をもった仲間と一緒に発生練習や演劇指導などを受けるようになります。

子どもタレントオーディションを受けてみて感想

新生児を寝かせる母親
ざっとここまで、子どもタレントオーディションの流れを説明させていただきました。
子どもタレントオーディションは、完全無料なのでどんどんチャレンジすればいいと思いますよ。
ただし、合格して劇団の一員に入り、レッスンを受けると当然レッスン受講料を払わないといけないので、事前に知っておいてください。


感想ですが、子どもにタレントオーディションを受けさせてよかったです。(*^_^*)
まさか内気だった子どもがここまで、積極的になるとは思っていませんでした。
また、多くの大人たちのなかで経験することは、子ども本人にとって、素晴らしい経験です。
これほどの社会勉強はないと思ってますね。


おかげさまで、うちの子供も脇役ながら舞台に立たせてもらいました。
これは家族みんなで大喜びしましたね。
いまでは、子どもも小さいながら自立心がメキメキと芽生えています。
こうなってくると、有名になるならないは、もう2の次3の次ですね。
というより、一生懸命に夢を追いかけている子どもを応援したくなっちゃいます(*´∀`)


まあ、もし将来子役タレントで活動して欲しいと思っているならこのテアトルアカデミーは
30年もの実績もありますし、鈴木福くんや、谷 花音ちゃんなどの有名子役も輩出しているので良いと思いますよ。





【テアトルアカデミー】子どもタレントオーディション詳細を見にいく(無料)